作業員

計画的なマンション大規模修繕|事業主を支えてくれる存在

原状回復義務の徹底

工事

賃貸物件から退去する際には、借りた時と同じような状態で貸主に物件の返却を行なう義務があります。契約時に説明されなかったという場合であっても、義務として判断されるものなので、普段から室内を傷付けないように過ごさなければいけません。しかし退去時には壁紙などが色褪せている、または床や壁に傷が付いてしまっていることがあります。住居用賃貸だけでなく、法人向けの物件も同様です。原状回復工事が必要になった場合には、専門の業者に対応を任せることが大切なので、信頼出来る業者を探しておきましょう。物件の契約時に指定の原状回復工事業者が設けられていても、より費用が安い業者を選択したい場合、不動産会社や貸主に相談してみる必要があります。

原状回復工事が必要なのは、住居用の賃貸物件だけではありません。貸工場やレンタルオフィスなども原状回復の義務が定められている場合が多いものです。劣化がひどい場合は新たな借り手が見つからず、物件の価値が下がってしまうのです。そのため、契約時には敷金という名目の資金を支払い、退去時にその資金で原状回復工事が行なわれます。しかし敷金が設けられていない場合、自ら原状回復義務を守るための対応をしなければならず、手間と費用がかかるのです。オフィス移転などで現在の賃貸物件を離れる前に、コストを少しでも浮かせる方法を探しておくと良いでしょう。良心的な料金設定の業者であれば、室内全体の工事にも快く対応してくれます。工事に関する疑問も解消しましょう。